国内外ニュース

照強、被災地思い新十両へ 阪神大震災当日誕生の力士

 大相撲九州場所13日目、鏡桜(左)を破り幕下優勝を決めた照強=25日、福岡国際センター  大相撲九州場所13日目、鏡桜(左)を破り幕下優勝を決めた照強=25日、福岡国際センター
 大相撲九州場所13日目の25日、阪神大震災が起きた1995年1月17日に兵庫県内で生まれた西幕下9枚目の照強(21)=本名福岡翔輝、兵庫県南あわじ市出身、伊勢ケ浜部屋=が7戦全勝で優勝し、来場所の新十両を確実とした。

 同じく6連勝だった元幕内の鏡桜を寄り切り「積み重ねたことがやっと報われた。いろいろとこみ上げてくるものがある」と感慨深そうな表情だった。

 照強は震災当日の午後9時、震源地に近い兵庫県洲本市の病院で産声を上げ「運命を感じる。亡くなられた方の命を背負って生きる」と話す。大震災から22年の当日は念願の関取として土俵に立つ予定。

(11月25日18時30分)

相撲(11月25日)