国内外ニュース

北朝鮮拉致現場を海上調査 鹿児島、特定失踪者調査会

 鹿児島県日置市沖合の久多島を、ドローンを使って撮影する特定失踪者問題調査会のメンバーら=25日  鹿児島県日置市沖合の久多島を、ドローンを使って撮影する特定失踪者問題調査会のメンバーら=25日
 北朝鮮による拉致問題に取り組む民間団体「特定失踪者問題調査会」は25日、1978年に鹿児島市の増元るみ子さん=失踪当時(24)=と市川修一さん=同(23)=が拉致された現場とされる鹿児島県日置市の吹上浜と、沖合の久多島周辺を海上から調査した。

 調査会メンバーと増元さんの弟照明さん(61)が漁船に乗り、浜辺の状況や周囲1・4キロの島を海上から視察した。小型無人機「ドローン」も使って島全体を上空から撮影した。吹上浜周辺では当時、北朝鮮の工作員とみられる不審人物の目撃情報が相次ぎ、沖合12キロの久多島でも不審な船を目撃したとの証言が残っている。

(11月25日18時46分)

社会(11月25日)