国内外ニュース

PKO派遣差し止め提訴へ 自衛隊員の母、札幌地裁

 南スーダン国連平和維持活動(PKO)への自衛隊の派遣は違憲として、北海道に住む女性が派遣差し止めを求めて札幌地裁に提訴することが25日、分かった。原告側弁護団が明らかにした。提訴は30日の予定。

 弁護団によると、原告は自衛隊員の息子がいる50代の女性。自衛隊の派遣で精神的苦痛を受けたとして慰謝料20万円も求める。

 安全保障関連法に基づき、武装集団に襲われた国連職員らを救出する「駆け付け警護」が可能になったことを踏まえ、原告側は「他国民の救出を目的とすることから、他国防衛で違憲だ。派遣により原告らの平和的生存権が侵害されている」などと主張する方針。

(11月25日19時20分)

社会(11月25日)