国内外ニュース

渡部剛がスキー予備飛躍トップ W杯複合個人

 【ルカ(フィンランド)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は25日、フィンランドのルカで個人第1戦の予選を兼ねた予備飛躍(ヒルサイズ=HS142メートル)が行われ、渡部剛弘(ガリウム)が131・5メートルを飛び、136・8点でトップとなった。昨季個人総合2位の渡部暁斗(北野建設)は116メートルの106・4点で18位だった。

 永井秀昭(岐阜日野自動車)は10位、加藤大平(サッポロノルディックク)は30位、清水亜久里(ユーグレナ)は32位、渡部善斗(北野建設)は33位。

(11月25日21時10分)

国際大会(11月25日)