国内外ニュース

イリンら2人の「金」剥奪 北京とロンドン五輪再検査

 【ロンドン共同】国際オリンピック委員会(IOC)は25日、重量挙げ男子94キロ級で2008年北京、12年ロンドン両五輪を2連覇したイリア・イリン(カザフスタン)ら金メダリスト2人を含む7人を失格処分にしたと発表した。両五輪のドーピング再検査で、28歳のイリンは筋肉増強作用のあるスタノゾロールとトゥリナボルに陽性反応を示し、二つの金メダルを剥奪された。

 北京五輪陸上女子ハンマー投げで優勝したアクサナ・ミアンコワ(ベラルーシ)は再検査でトゥリナボルなどに陽性反応を示した。同五輪陸上女子砲丸投げ2位のナタリア・ミクネビッチ(ベラルーシ)も銀メダルを剥奪された。

(11月26日8時26分)

国際大会(11月26日)