国内外ニュース

各国の高校生が避難訓練を体験 高知、防災テーマに議論も

 高知県黒潮町の津波避難タワーを見学する「世界津波の日」サミットに参加した高校生ら=26日午前  高知県黒潮町の津波避難タワーを見学する「世界津波の日」サミットに参加した高校生ら=26日午前
 「世界津波の日」制定を記念し、30カ国の高校生が地震や津波の脅威を学ぶサミットが始まった高知県黒潮町で26日、高校生約360人が同町主催の避難訓練を体験、防災の在り方についても議論した。

 フィールドワークでは、江戸時代に町を襲った安政南海地震の惨状を記した石碑や、黒潮町が整備を進める津波避難タワーを見学。同町職員から、約160年前にこの場所一帯が水没したこと、タワーは100人を超える命を救えることなどを説明され、生徒たちは神妙な面持ちで聞き入った。

 また、災害だけでなく恵みも生む海へ親しみを持ってもらおうと、海へ向かって叫ぶユニークな取り組みも行われる。

(11月26日10時25分)

社会(11月26日)