国内外ニュース

パッキャオ氏麻薬撲滅訴え 記者会見で自身の体験も

 記者会見前にポーズをとるマニー・パッキャオ選手=26日、東京・有楽町  記者会見前にポーズをとるマニー・パッキャオ選手=26日、東京・有楽町
 ボクシングの世界主要4団体で6階級を制したフィリピンの国民的英雄、マニー・パッキャオ選手(37)が26日、東京都内の日本外国特派員協会で記者会見した。

 5月に上院議員に当選。麻薬犯罪の撲滅を掲げている。ドゥテルテ大統領について「すごく尊敬している。支えていきたい」とした上で「15、16歳のころに友人に勧められて(麻薬を)試したことはあるが、好きになれなかった。必ず撲滅すべきだ」と訴えた。

 今回は自身がプロデュースするフィットネスジム設立のために来日、「日本人とフィリピン人は体格が似ているので、パッキャオ2世は日本から誕生するかもしれない」と期待を込めた。

(11月26日13時01分)

スポーツ(11月26日)