国内外ニュース

福岡市、沈下防止へ砂層補強検討 投入処理土の重み対策

 JR博多駅前の道路沈下でビルの土台付近と歩道の間にできたとみられる隙間を補修する作業員=26日午後、福岡市博多区  JR博多駅前の道路沈下でビルの土台付近と歩道の間にできたとみられる隙間を補修する作業員=26日午後、福岡市博多区
 今月8日に大規模な陥没事故が起きた福岡市のJR博多駅前道路が沈下したことを受け、市交通局などは26日、地下の砂層を補強する工事を検討していると明らかにした。陥没部分を埋めたセメント入り処理土の重みに耐え、沈下の進行を防ぐのが狙い。

 市交通局によると、沈下は26日午前0時半ごろに確認され、2~3時間かけて約30メートル四方にわたり3~7センチ程度の深さで市道が沈下した。その後は沈下が進む形跡は見られず、午前5時半ごろに通行止めは解除された。

(11月26日18時06分)

社会(11月26日)