国内外ニュース

ダライ・ラマ、埼玉で講演 心の教育訴える

 埼玉医大の日高キャンパスで講演し、学生の質問に答えるダライ・ラマ14世(右手前)=26日午後、埼玉県日高市  埼玉医大の日高キャンパスで講演し、学生の質問に答えるダライ・ラマ14世(右手前)=26日午後、埼玉県日高市
 チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世が26日、埼玉医大の日高キャンパス(埼玉県日高市)で「医学の進歩と温かいこころ」との題で講演し、学生ら約850人が聞き入った。

 ダライ・ラマは「愛情を求めたり、愛情を育んだりする心が減ってしまうと、民族・宗教の違い、貧富の差、職種の違いを取り上げて問題をつくり出す」と指摘。「最近では教育システムの中に、心の平和を育むための教えが欠けている。物質志向の教えで、心の価値を高めていこうという思いが不足してきた」と訴えた。

 埼玉医大創設者が1960年代、チベット難民の子女を招いて支援したゆかりがあり、訪問は3回目という。

(11月26日18時06分)

文化・芸能(11月26日)