国内外ニュース

錦織、元世界1位と対戦 震災復興の慈善試合、1万人魅了

 東日本大震災復興支援の慈善試合を終え、記念撮影する錦織圭(左)とアンディ・ロディック氏=有明コロシアム  東日本大震災復興支援の慈善試合を終え、記念撮影する錦織圭(左)とアンディ・ロディック氏=有明コロシアム
 東日本大震災の復興支援を目的としたテニスの慈善試合が26日、東京・有明コロシアムで行われ、男子で世界ランキング5位の錦織圭が元世界1位のアンディ・ロディック氏(米国)らとエキシビションマッチで対戦し、集まった約1万人の観客を楽しませた。

 今季のツアーを終えたばかりの錦織は8ゲーム先取のシングルスでロディック氏に敗れたが、笑顔でプレー。ダブルスではマイケル・チャン・コーチと組んでロディック氏、ダニエル太郎組と対戦、試合中は冗談を交えたトークでも会場を盛り上げた。女子の大坂なおみ、日比野菜緒も参加した。

 イベントの収益金は東北テニス協会に寄付される。

(11月26日18時20分)

スポーツ(11月26日)