国内外ニュース

ニタマ駅長がイルミ点灯、和歌山 サンタ姿で登場

 和歌山電鉄貴志駅のイルミネーション点灯式で点灯ボタンを押す駅長の「ニタマ」=26日夜、和歌山県紀の川市  和歌山電鉄貴志駅のイルミネーション点灯式で点灯ボタンを押す駅長の「ニタマ」=26日夜、和歌山県紀の川市
 和歌山電鉄の貴志川線貴志駅(和歌山県紀の川市)で26日、駅舎に取り付けられたイルミネーションの点灯式があり、サンタクロースの衣装を身に着けた同駅長の三毛猫「ニタマ」が点灯ボタンを押した。

 同線の存続を望む住民団体が主催し、今年で10回目。ニタマが登場すると、訪れた人からは「かわいい」という歓声が上がった。クリスマスツリーなどをかたどった約5500個の発光ダイオード(LED)が夜の駅舎やホームを彩った。

 弟と訪れた和歌山市の中学2年山下綱太さん(13)は「ニタマのサンタ姿を見たのは初めて。とても似合っている」と笑顔を見せた。

(11月26日19時46分)

暮らし・話題(11月26日)