国内外ニュース

野球、松山商・熊本工OBが再戦 20年前の名場面再現

 試合を前に握手する、1996年夏の高校野球決勝で大接戦となった松山商(左)と熊本工のOB=26日午後、熊本市の藤崎台県営野球場  試合を前に握手する、1996年夏の高校野球決勝で大接戦となった松山商(左)と熊本工のOB=26日午後、熊本市の藤崎台県営野球場
 1996年夏の全国高校野球選手権大会の決勝で大接戦を演じた熊本工(熊本)と松山商(愛媛)のOBが26日、熊本市の藤崎台県営野球場で試合をした。熊本地震の復興支援イベントとして企画され、試合後には名場面を再現し、観客を喜ばせた。

 96年決勝では、松山商の右翼手矢野勝嗣さん(38)が大飛球を捕り、三塁からタッチアップした熊本工の星子崇さん(38)をアウトにした。結局松山商が試合を制し、このプレーは「奇跡のバックホーム」として今でも高校野球ファンの間で語り継がれている。

 この日は当時さながらの接戦の末、熊本工が9―8で松山商に競り勝った。

(11月26日21時45分)

暮らし・話題(11月26日)