国内外ニュース

ラグビー日本、フィジーに敗れる 欧州遠征最終戦

 日本―フィジー 後半、トライを決める松島(中央)=バンヌ(共同)  日本―フィジー 後半、トライを決める松島(中央)=バンヌ(共同)
 【バンヌ(フランス)共同】ラグビー日本代表は26日、フランスのバンヌで欧州遠征最終戦としてフィジー代表と対戦し、25―38で敗れた。

 前半は途中から相手選手がイエローカード2枚で1人退場となったが日本はトライを挙げられず、フィジーには3トライを奪われて6―21で折り返した。後半はFB松島(サントリー)の2トライなどで追い上げたが及ばなかった。

 世界ランキングは日本の11位に対し、フィジーは10位。通算の対戦成績は3勝14敗となった。

(11月27日1時16分)

スポーツ(11月27日)