国内外ニュース

与党「年金法案成立を」 全力挙げ阻止と民進、NHK番組

 自民党の茂木敏充政調会長は27日のNHK番組で、年金支給額の抑制を強化する年金制度改革法案について今国会成立の必要性を強調した。民進党の大串博志政調会長は、年金制度の根幹を変えるもので容認できないとして成立阻止へ全力を挙げる考えを示した。

 茂木氏は年金改革法案を巡り「緊急に成立させ、年金制度を整備する必要がある」と指摘。将来の支給水準を維持するのが狙いだと改めて理解を求めた。公明党の石田祝稔政調会長は「子や孫の代まで年金は大丈夫だとの信頼を確保しなければならない」と訴えた。

 大串氏は「年金カット法案であり、断じて賛成できない」と批判した。

(11月27日11時10分)

政治(11月27日)