国内外ニュース

40階建てなら最大10%の差 タワーマンション課税

 タワーマンションの固定資産税見直しを巡り、政府は27日、1階ごとに税額を引き上げる方向で検討に入った。40階建てなら、最上階は1階より10%程度高くする。2018年度の課税から適用する案を軸に与党と調整を進め、17年度税制改正大綱に盛り込む。

 新たな課税方式は、20階建て以上の新築マンションが対象となる見通し。1棟全体の税額は変えず、階ごとに差がつくようにして、高層階は増税、低層階は減税する。

 例えば、各戸の税額が現在は年20万円の40階建てマンションの場合、見直し後は1階が約19万円、階が上がるごとに増えていき、最上階は約21万円となる。

(11月27日16時35分)

経済(11月27日)