国内外ニュース

五輪会場見直し、29日に結論 IOC、4者のトップ級会合で

 会合を終え記者団の質問に答えるIOCのデュビ五輪統括部長(右)=27日夜、東京都港区(代表撮影)  会合を終え記者団の質問に答えるIOCのデュビ五輪統括部長(右)=27日夜、東京都港区(代表撮影)
 2020年東京五輪・パラリンピックの会場計画と予算の見直しを協議する国際オリンピック委員会(IOC)、大会組織委員会、東京都、政府の4者の実務レベルによる第2回作業部会が27日、東京都内のホテルで開かれた。IOCのデュビ五輪統括部長は会議後、結論は4者による29日のトップ級会合で出るとして、詳しい協議の内容は明らかにしなかった。

 複数の出席者によると、バレーボール会場の見直しで、東京都は新設する有明アリーナ(江東区)について、従来案とは別に施設をより簡素化して整備費を抑えた新たな案を提示した。

(11月28日0時50分)

スポーツ(11月28日)