国内外ニュース

旅客機内で米国人男性拘束 コックピット侵入図る

 27日午後3時50分ごろ、飛行中のシカゴ発香港行きユナイテッド航空895便ボーイング777の機内で、米国人の男性客がコックピットのドアを開けようとしたため拘束したと、同社から千葉県警に連絡があった。同機は目的地を変更し、夜に成田空港に着陸した。

 県警によると、乗客乗員にけがはなかった。男性客は同社の聞き取りに「何種類かの薬を飲んだ。コックピットを開けようとした記憶はない」と説明したという。

 同社や県警が経緯を調べ、男性客への対応について検討している。

(11月27日22時05分)

社会(11月27日)