国内外ニュース

国会延長幅、午後決定 与党党首会談、12月中旬で検討

 記者会見する萩生田光一官房副長官=28日午前、首相官邸  記者会見する萩生田光一官房副長官=28日午前、首相官邸
 政府、与党は28日午後、安倍晋三首相と公明党の山口那津男代表による党首会談を国会内で開き、30日までの国会会期の延長幅を決める。10~14日程度とする方向で検討している。与党は29日の衆院本会議で年金制度改革法案を採決し、参院に送る方針だ。成立させるには会期延長が必要。民進、共産、自由、社民の野党4党は国対委員長会談を開く方向で調整しており、年金改革法案の衆院通過阻止に向けて連携を確認するとみられる。

 会期延長幅を巡っては、首相と山口氏との党首会談に先立ち、28日午後、自公両党の衆参の幹事長と国対委員長が国会内で協議した。

(11月28日13時21分)

政治(11月28日)