国内外ニュース

小池知事支援の区議、残留を希望 自民党都連の下村会長と会談

 区議代表者との会談後、記者団の取材に応じる自民党東京都連の下村博文会長=28日午前、東京・永田町の党本部  区議代表者との会談後、記者団の取材に応じる自民党東京都連の下村博文会長=28日午前、東京・永田町の党本部
 自民党東京都連の下村博文会長は28日、都知事選で党の方針に反して小池百合子氏を支援し、都連が離党勧告処分とした区議7人のうち代表者2人と党本部で会談した。終了後、記者団の取材に応じた下村氏によると、区議側は党に残ることを希望したという。

 下村氏は、区議側に考えをまとめた文書を1週間以内に提出するよう求めたとした上で、その内容を見て、処分を見直すか判断するとした。

 下村氏によると、区議側は、小池氏を支援した若狭勝衆院議員が口頭での厳重注意にとどまったことから「国会議員と処分内容が違うのはおかしい」と指摘したという。

(11月28日11時26分)

政治(11月28日)