国内外ニュース

岡山市の水道で検針ミス22件 委託会社、無断放水で帳尻合わせ

 岡山市水道局が使用量メーターの検針業務を委託する「第一環境」(本社・東京)の岡山営業所が、22件の検針ミスをしていたことが28日分かった。市水道局は10月31日付で同社を厳重注意とした。ミスの帳尻を合わせるため無断で庭の放水をしたケースもあった。

 市水道局と同社によると、9月の社内調査で検針ミス22件が発覚し、10月に市水道局に始末書を提出。2014年2月から今年7月、いずれも一般住宅のメーターで使用量を多く読み取り、料金を32~317円多く徴収していた。

 このうち2件では、社員が長期不在の契約者宅の敷地に入り、庭の散水栓から水を流していた。

(11月28日12時30分)

社会(11月28日)