国内外ニュース

東証反落、終値は1万8356円 円高警戒で利益確定の売り優勢

 週明け28日の東京株式市場は相場の過熱感や円高を警戒した利益確定の売り注文が優勢となり、日経平均株価(225種)は反落した。

 終値は前週末比24円33銭安の1万8356円89銭。東証株価指数(TOPIX)は5・05ポイント高の1469・58。出来高は約21億8500万株だった。

(11月28日15時16分)

経済(11月28日)