国内外ニュース

美濃加茂汚職、贈賄側証言認める 無罪破棄、名古屋高裁

 名古屋高裁(後方)で逆転有罪の控訴審判決を受け、記者会見に向かう岐阜県美濃加茂市長の藤井浩人被告=28日午後  名古屋高裁(後方)で逆転有罪の控訴審判決を受け、記者会見に向かう岐阜県美濃加茂市長の藤井浩人被告=28日午後
 事前収賄などの罪に問われた岐阜県美濃加茂市長、藤井浩人被告(32)の控訴審判決で、一審無罪を破棄し逆転有罪を言い渡した名古屋高裁(村山浩昭裁判長)は28日、一審が退けた贈賄側の証言を「相当の信用性が認められる」と判断した。30万円を渡したとして、贈賄罪で実刑が確定していた地下水供給設備会社社長の証言の信用性が最大の争点だった。

 村山裁判長は判決理由で「受け取った額は多くはないが、公職者としてあまりにも安易に犯行に及んだ」と指摘し、藤井市長を懲役1年6月、執行猶予3年、追徴金30万円とした。

 藤井市長は判決後の会見で最高裁に上告する考えを表明した。

(11月28日20時51分)

社会(11月28日)