国内外ニュース

大宰府防衛の土塁か、福岡で発見 7世紀、500メートル以上

 発見された土塁の断面の前で、構造の説明をする筑紫野市教委の担当者=28日午前、福岡県筑紫野市  発見された土塁の断面の前で、構造の説明をする筑紫野市教委の担当者=28日午前、福岡県筑紫野市
 福岡県筑紫野市の前畑遺跡で、古代の大宰府を防衛した外郭線とみられる7世紀ごろの土塁が見つかり、市教育委員会が28日発表した。丘陵の尾根に人工的に盛り土し、南北に500メートル以上続いていたとみられる。日本は663年の「白村江の戦い」で唐・新羅連合軍に敗れたことをきっかけに九州の防衛を強化しており、当時の緊迫した状況がうかがえる。

 土塁は、大宰府の中核だった政庁跡から南東に約7キロの地点で出土した。上下2段の台形状で、上端は幅約1・5メートル、下端は幅約13・5メートル。

 一般向けの現地説明会は12月3~4日の午前10時~正午、午後2~4時。小雨決行。

(11月28日17時46分)

文化・芸能(11月28日)