国内外ニュース

ラグビー日本代表が帰国 ジョセフ新体制で1勝3敗

 欧州遠征から帰国し、取材に応じるラグビー日本代表の堀江翔太=28日、羽田空港  欧州遠征から帰国し、取材に応じるラグビー日本代表の堀江翔太=28日、羽田空港
 ラグビーの欧州遠征を終えた日本代表が28日、羽田空港に帰国した。11月のテストマッチはジョセフ新ヘッドコーチ体制で臨み、ホームのアルゼンチン戦を含めた4試合で1勝3敗。共同主将のフッカー堀江は「このベースをしっかり生かしたい。これから、どう応用していくか」と今後を見据えた。

 日本はアルゼンチンに大敗した後、ジョージアとの遠征初戦に28―22で新体制初勝利。第2戦のウェールズ戦は30―33で惜敗し、フィジーとの最終戦も25―38で敗れた。共同主将のCTB立川は「4試合を高いパフォーマンスを続けて戦っていくのは難しいと分かった。いい反省としたい」と話した。

(11月28日18時10分)

スポーツ(11月28日)