国内外ニュース

あらゆる手段で辺野古移設阻止 沖縄知事、就任2年で

 就任2年を前にインタビューに応じる沖縄県の翁長雄志知事=28日午後、沖縄県庁  就任2年を前にインタビューに応じる沖縄県の翁長雄志知事=28日午後、沖縄県庁
 沖縄県の翁長雄志知事は28日、知事就任から12月10日で2年となるのに合わせ報道各社のインタビューに応じ、今後も知事権限を駆使して米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設阻止を図る考えを強調した。「辺野古に新基地は造らせないとの公約実現に向け、あらゆる手段を用いて取り組む」と述べた。

 12月22日に部分返還が予定される米軍北部訓練場(東村など)については、新型輸送機オスプレイの運用などを問題視する一方で「返還に異議を唱えるのはなかなか難しい」と指摘。「苦渋の選択の最たるものだ」と語り、明確に反対できない立場に理解を求めた。

(11月28日18時16分)

政治(11月28日)