国内外ニュース

携帯販売店を「覆面調査」へ 総務省、強引な契約監視

 総務省が、大手携帯会社の販売代理店を対象に「覆面調査」を実施することが28日分かった。客を装った調査員が実際に契約手続きをして、強引な端末販売やサービス契約がないか監視する。不適切な事例があれば改善を求める。来年1月にも始める計画だ。

 販売代理店をめぐって「身に覚えのないオプションサービスを勝手に付けられた」「必要ない端末をしつこく勧められた」といった苦情が消費者から相次いでいることに対応する。

(11月28日18時55分)

経済(11月28日)