国内外ニュース

新潟の養鶏場で鳥インフル 高病原性か、31万羽処分も

 鳥インフルエンザ対策本部で対応を指示する山本農相(左)=28日午後、農水省  鳥インフルエンザ対策本部で対応を指示する山本農相(左)=28日午後、農水省  簡易検査で鳥インフルエンザウイルスが確認され、新潟県庁で開かれた緊急会議=28日夜  簡易検査で鳥インフルエンザウイルスが確認され、新潟県庁で開かれた緊急会議=28日夜
 新潟県は28日、同県関川村の養鶏場の鶏から簡易検査で鳥インフルエンザウイルスが確認されたと発表した。関川村の養鶏場は鶏約31万羽を飼育。新潟県は高病原性鳥インフルエンザの陽性と確認されれば全て殺処分する方針。

 政府は28日夜、首相官邸の内閣危機管理センターに情報連絡室を設置。安倍晋三首相は情報収集や国民への正確な情報伝達などを関係省庁に指示した。

 新潟県によると、28日朝、養鶏場の職員が鶏約20羽が死んでいるのを確認。午後にはさらに約20羽が死んだ。うち5羽を簡易検査したところ、いずれも鳥インフルエンザの陽性反応が出た。

(11月28日23時45分)

医療・健康(11月28日)