国内外ニュース

NY株、反落 OPEC減産難航を警戒

 【ニューヨーク共同】週明け28日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、午前10時現在は前週末比45・95ドル安の1万9106・19ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は18・09ポイント安の5380・83。

 石油輸出国機構(OPEC)の原油減産の最終決定が難航することを警戒し、投資家がリスクを回避する姿勢を強めている上、先週末までの株価上昇による利益を確定させるための売りも出た。

(11月29日0時41分)

経済(11月29日)