国内外ニュース

ロシア陸連の組織再建を報告へ 国際陸連のチーム責任者

 【ロンドン共同】国際陸連は28日、国家ぐるみのドーピングで昨年11月に資格停止処分としたロシア陸連の組織再建に向けた進捗具合について、調査チームの責任者、ルネ・アンデシェン氏が今月30日と12月1日にモナコで開く理事会で報告すると明らかにした。6月の理事会では「時期尚早」としてロシア陸連の処分を解除せず、8月のリオデジャネイロ五輪に代表チームとして参加を認めないことを決めた。

 国際陸連はロシア陸連の組織改革に一定の評価を下した一方、国内の反ドーピング機関が再建され、世界反ドーピング機関の国際基準を満たすには1年半から2年かかる見通しを示している。

(11月29日8時56分)

スポーツ(11月29日)