国内外ニュース

カストロ前議長との別れに長い列 「思想は永遠」、キューバ

 28日、キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長の哀悼のため首都ハバナのホセ・マルティ記念碑の周辺で列をつくる市民(共同)  28日、キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長の哀悼のため首都ハバナのホセ・マルティ記念碑の周辺で列をつくる市民(共同)
 【ハバナ共同】「彼の思想は永遠」「貧しき者のために闘った」―。25日に90歳で死去したキューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長の一連の追悼行事が28日始まり、首都ハバナでは多くの市民が炎天下、別れを告げるために長い列をつくった。また全国に記帳所も設けられた。

 早朝から列に並んでいた保健省職員のイダルミス・インファンテさん(63)は「(前議長の)肉体は死んでも思想は生き続ける」。高校生のエミリ・ゴンサレスさん(17)も「とにかく悲しい」と目を赤くした。

 ホセ・マルティ記念碑の施設内には、若き前議長の大きな写真が飾られ、周囲を衛兵が取り囲んだ。

(11月29日10時25分)

国際(11月29日)