国内外ニュース

辺野古反対派テントを捜索 業務妨害容疑で沖縄県警

 沖縄県警は29日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設反対派が、移設先に隣接する米軍キャンプ・シュワブゲート前にブロックを積んで工事を妨害したとして、威力業務妨害容疑でゲート前にある活動拠点のテントなど数カ所を家宅捜索した。

 捜査関係者によると、反対派は今年1月、ゲート前に千個以上のコンクリート製ブロックを積み、工事関係車両の通行を妨害した疑い。県警はブロックを既に押収している。

 ゲート前では当時、反対派が移設工事を遅らせようと座り込みの抗議を連日展開。警備に当たる機動隊員とのもみ合いが頻繁に起きていた。

(11月29日11時36分)

社会(11月29日)