国内外ニュース

小豆島夫婦殺害、無期求刑 39歳長男の裁判員裁判

 香川県土庄町(小豆島)で昨年4月、水道工事会社経営の夫婦を殺害したとして、殺人罪に問われた長男喜田勝義被告(39)の裁判員裁判の論告求刑公判が29日、高松地裁(野村賢裁判長)で開かれ、検察側は無期懲役を求刑した。

 被告側は初公判で起訴内容を認めており、被告の発達障害を量刑上どう考慮するかが争点となっていた。

 検察側は家庭内の人間関係のトラブルで両親を恨んだ身勝手な動機だと主張しており、論告では「下見をした上で寝込みを襲い、計画的な犯行だ」とした上で、発達障害は犯行自体に直接影響しないと指摘した。弁護側は「障害が犯行に大きく影響した」と訴えていた。

(11月29日12時21分)

社会(11月29日)