国内外ニュース

がん最適治療にAI活用 個別の患者に対応へ

 国立がん研究センターは29日、がん患者の一人一人に最適な治療を施すため、人工知能(AI)を活用したシステムの開発を産業技術総合研究所(茨城県)などと共同で開始すると発表した。

 AIを使い迅速で正確にがんを診断し、患者に合った治療法を提示する仕組みをつくる。5年後の実用化を目指す。

 がんセンターが蓄積している患者のゲノム(全遺伝情報)や血液検査、画像診断などの膨大な情報をもとにデータベースを構築。医学論文などの研究成果と照らし合わせ、AIを診断や治療に使えるようにする。

 検査でがんを早期発見するための目印となる物質探しや、薬の開発にも役立てる。

(11月29日12時35分)

医療・健康(11月29日)