国内外ニュース

Jアラート、4市村でトラブル 緊急情報速報の全国訓練

 総務省消防庁は29日、国から自治体へ災害情報などを伝える全国瞬時警報システム(Jアラート)の一斉訓練を行った。共同通信の正午時点の集計によると、新潟、和歌山、香川、鹿児島の4県にある4市村で住民向け放送が流れないなどのトラブルがあった。各自治体が詳細を調べている。

 新潟県刈羽村と和歌山県田辺市、鹿児島県奄美市は住民に情報を伝える防災行政無線が起動しなかった。香川県善通寺市は、市内の全ての小中学校で校内放送が流れなかった。

 今回の訓練は福島県双葉町を除く47都道府県と1740市区町村が対象。このうち1603市区町村は防災行政無線を使って訓練情報を伝達した。

(11月29日13時26分)

社会(11月29日)