国内外ニュース

タイ新国王に皇太子承認 議会、一両日中にも即位へ

 タイのワチラロンコン皇太子(ロイター=共同)  タイのワチラロンコン皇太子(ロイター=共同)
 【バンコク共同】タイ暫定議会は29日、特別会合を開き、10月に88歳で死去したプミポン国王の後継として、長男のワチラロンコン皇太子(64)を新国王とする暫定政権の決定を承認した。皇太子が受諾すれば、一両日中にも即位が正式発表される。

 在位70年に及んだプミポン国王の後継問題は、タイ最大の不安定要因として大きな関心を集めていた。一部には国王の次女シリントン王女(61)を推す声もあったが、社会の安定を重視したプラユット暫定首相は国王が死去した10月13日に間髪入れず皇太子が後継国王になると発表していた。

(11月29日15時59分)

国際(11月29日)