国内外ニュース

北ア雪崩、心肺停止の男性死亡 立山連峰、東工大ワンゲル部員

 北アルプス・立山連峰で発生した雪崩に6人が遭遇し、3人が巻き込まれた事故で、富山県警は29日、心肺停止だった男性の死亡を確認した。県警などによると、亡くなったのは千葉県八千代市、東京工業大3年橋本士門さん(21)で、死因は窒息死だった。

 6人はいずれも男性で、東工大のワンダーフォーゲル部に所属していた。巻き込まれた残り2人のうち川崎市の1年生(19)は低体温症と肺水腫で軽傷。千葉県浦安市の3年生(21)にけがはなかった。無事だったのは他に2年生1人、1年生2人だった。

 東工大によると、雪上訓練として事前に顧問の教授と相談、登山計画書を大学に提出していた。

(11月29日22時24分)

社会(11月29日)