国内外ニュース

再春館製薬所元役員を逮捕、熊本 特別背任疑い、県警

 熊本県警は29日、親族宅新築費の一部を会社発注の工事費に上乗せし1500万円の損害を同社に与えたとして、会社法違反(特別背任)の疑いで化粧品会社「再春館製薬所」(同県益城町)元常務取締役永田大助容疑者(55)=香川県土庄町=を逮捕した。

 逮捕容疑は、取締役として同社施設の管理業務を担当していた2009年7月から10年2月にかけて、熊本市北区にある父親宅の新築費の一部1500万円を社屋の改修工事費などに上乗せし、同社に損害を与えた疑い。県警は認否を明らかにしていない。

 県警によると、永田容疑者は常務取締役などを務め、14年10月に辞任した。

(11月29日20時25分)

社会(11月29日)