国内外ニュース

群馬、母親殺害し自宅放火容疑 40歳の次男を逮捕

 11月中旬に母親の首を絞めて殺害し、自宅にも放火したとして、群馬県警は30日、殺人と非現住建造物等放火の疑いで、同県高崎市棟高町、次男の無職湯本直木容疑者(40)を逮捕した。県警によると「首をひもで絞め、自宅にあった灯油をまいた」と供述、容疑を認めている。

 逮捕容疑は11月中旬ごろ、自宅で無職坂本光江さん(67)の首を絞めて殺害し、21日午前に木造2階建ての自宅に火を付けて全焼させた疑い。

 司法解剖の結果、坂本さんの死因は頸部圧迫による窒息死とみられる。湯本容疑者は坂本さんと2人暮らしで、自身は2階から飛び降りて逃げ、喉にやけどを負い入院していた。

(11月30日15時15分)

社会(11月30日)