国内外ニュース

新潟・上越でも鳥インフル 別の養鶏場、23万羽殺処分

 鳥インフルエンザウイルスが検出された養鶏場に視察に向かう新潟県の米山隆一知事=30日午後、新潟県関川村  鳥インフルエンザウイルスが検出された養鶏場に視察に向かう新潟県の米山隆一知事=30日午後、新潟県関川村  鳥インフルエンザウイルスが検出された養鶏場に並べられた、殺処分された鶏が入れられた多くの袋=30日午後、新潟県関川村(小型無人機から)  鳥インフルエンザウイルスが検出された養鶏場に並べられた、殺処分された鶏が入れられた多くの袋=30日午後、新潟県関川村(小型無人機から)
 新潟県は30日、同県上越市の養鶏場で鶏約100羽が死んでいるのが見つかり、簡易検査したところ、鳥インフルエンザの陽性反応が出たと明らかにした。遺伝子検査でH5型の高病原性であることが確認され、養鶏場で飼育している約23万羽全ての殺処分を12月1日に始める方針。県では関川村に続き2件目。

 県によると、29日に40羽ほど、30日午前に60羽ほどが死んでいるのが見つかった。県が連絡を受けて7羽を簡易検査し、うち6羽から陽性反応が出た。

 県は養鶏場から半径3キロ圏内を鳥や卵の移動制限区域に、3~10キロ圏内を搬出制限区域として区域外への持ち出しを禁じた。

(11月30日23時56分)

社会(11月30日)