国内外ニュース

NPO副理事長を告訴、福島 復興事業で不正受給

 福島県は30日、東日本大震災の復興支援事業で補助金約543万円を不正に受け取ったとして、詐欺容疑で福島市の「NPOほうらい」の高荒弘志副理事長(59)を福島署に告訴した。

 副理事長は9月に記者会見し、領収書の改ざんなどで不正受給したと認め「資金繰りが苦しかった。一人でやった」と話していた。県によると、10月にはNPOから破産手続きの準備を進めているとの文書が届いた。

 NPOは復興支援事業として、農産物を積んだ軽トラックを集めた市場「軽トラ市」などを開催していた。

(11月30日16時46分)

社会(11月30日)