国内外ニュース

奈良時代「役所」の建物群跡か 後期難波宮で初確認

 後期難波宮で見つかった「官衙」とみられる建物群の跡=大阪市  後期難波宮で見つかった「官衙」とみられる建物群の跡=大阪市
 聖武天皇が奈良時代に造営した後期難波宮(大阪市中央区)で、役人が文書処理などの実務をした役所「官衙」とみられる建物群の跡が見つかり、市教育委員会が30日、発表した。官衙跡は、飛鳥時代に完成した前期難波宮では発見されていたが、後期で確認されたのは初めて。

 調査を担当した大阪市博物館協会大阪文化財研究所の高橋工調査課長は「塀に囲まれたコンパクトな配置、簡素な構造などから官衙とみて間違いない」としている。

 発掘現場は、天皇が重要儀式や執務をした大極殿など主要建物群の西側。塀とみられる柱穴で仕切られた区域に、4棟の掘っ立て柱式建物跡が見つかった。

(11月30日17時41分)

文化・芸能(11月30日)