国内外ニュース

女性生き埋めに無期懲役 千葉地裁「犯行は残虐」

 千葉県内で昨年4月、同県船橋市の女性=当時(18)=を生き埋めにして殺害し財布などを奪ったとして、強盗殺人や逮捕監禁などの罪に問われた無職中野翔太被告(21)の裁判員裁判で、千葉地裁(吉井隆平裁判長)は30日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。

 判決理由で吉井裁判長は「被害者に土砂をかぶせるなど主要な部分を自ら実行した。助けを求める被害者を生き埋めにした犯行は残虐なものというほかない」と述べた。

 弁護側は公判で、中野被告は事件前から井出裕輝被告(22)=同罪などで起訴=と従属関係にあり、利用されたと主張していた。

(11月30日17時51分)

社会(11月30日)