国内外ニュース

死亡直後「2階に放置」、堺市 父親供述、長男遺棄疑い

 堺市北区の梶本樹李ちゃん=死亡当時(3)=の遺体が大阪府千早赤阪村の山中で見つかった事件で、死体遺棄容疑で再逮捕された父親の卓容疑者(35)が「昨年12月に死亡した直後、遺体を自宅の2階に運び、布団か毛布に包んで置いていた」などと供述していることが1日、捜査関係者への取材で分かった。

 卓容疑者は当時、共に再逮捕された母親千穂容疑者(32)や長男樹李ちゃんらと大阪府松原市の2階建て住宅で生活していた。同月下旬、堺市北区のマンションへ転居した際に遺体も一緒に移したとされ、府警捜査1課は、山中に遺棄するまでの経緯を詳しく調べる。

(12月1日6時11分)

社会(12月1日)