国内外ニュース

新潟・上越で殺処分開始 鳥インフル、鶏23万羽

 防護服を着用して防疫作業の準備を整える自治体の職員ら=1日午前、新潟県上越市  防護服を着用して防疫作業の準備を整える自治体の職員ら=1日午前、新潟県上越市
 鶏からH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された新潟県上越市の養鶏場で、県は1日午前、飼育されている約23万羽全ての殺処分を始めた。県職員や自衛隊員らが24時間態勢で当たり、4日までの作業完了を目指す。

 新潟県では約140キロ離れた関川村の養鶏場でもH5型高病原性鳥インフルエンザウイルス感染が確認されており、約31万羽の殺処分が続いている。

 上越市の作業拠点となっている体育館では11月30日夜から、白い防護服に身を包んだ県職員や陸上自衛隊員らが断続的にバスに乗り込み、現場へと向かった。ある県職員は「いろいろな物資が足りず、手探り状態」と話した。

(12月1日10時26分)

医療・健康(12月1日)