国内外ニュース

NY株小幅続伸、1ドル高 OPEC減産合意を好感

 【ニューヨーク共同】11月30日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、石油輸出国機構(OPEC)の減産最終合意を好感して小幅続伸し、前日比1・98ドル高の1万9123・58ドルで取引を終えた。

 OPECの減産決定で原油価格が上昇。収益改善期待からシェブロンなど石油大手の株式が買われ、相場を押し上げた。ダウは一時、1万9225・29ドルまで上昇し、取引時間中の過去最高値を更新した。

 一方、トランプ次期米大統領の政策による恩恵が少ないとされるアップルなどのIT関連株は下落が目立った。ハイテク株主体のナスダック総合指数は56・24ポイント安の5323・68と反落した。

(12月1日7時20分)

経済(12月1日)