国内外ニュース

韓国の朴大統領に4月退陣要求へ 与党、弾劾不透明に

 韓国の朴槿恵大統領(聯合=共同)  韓国の朴槿恵大統領(聯合=共同)
 【ソウル共同】韓国の朴槿恵大統領の親友、崔順実被告の国政介入疑惑を巡り、与党セヌリ党は1日、国会議員総会で、朴氏に来年4月末の退陣を求め、同6月末の次期大統領選実施を目指す方針を決めた。同党の鄭鎮碩院内代表が明らかにした。野党主導の朴氏弾劾に同調する姿勢を見せていたセヌリ党非主流派も賛成した可能性があり、弾劾の行方は不透明さを増した。

 鄭氏は「満場一致で決まった」と述べた。非主流派も朴氏に来年4月末までの退陣を求めていた。

 一方、最大野党「共に民主党」は1日、第2野党「国民の党」に2日の本会議での弾劾訴追案採決を提案したが、2日の採決は困難になっている。

(12月1日13時20分)

国際(12月1日)