国内外ニュース

膨張する五輪経費に歯止め 所信表明で小池知事

 東京都議会定例会の本会議で、所信表明する小池百合子知事=1日午後  東京都議会定例会の本会議で、所信表明する小池百合子知事=1日午後
 東京都議会定例会の本会議が1日午後開かれ、小池百合子知事は所信表明で、2020年東京五輪・パラリンピックの予算削減に強い意欲を示した。大会組織委員会が2兆円を切るとの見通しを示したことに対し、「都民の代表として、膨張し続ける大会経費に歯止めをかける必要と責任がある」と述べた。

 小池知事は「都と国際オリンピック委員会(IOC)、組織委、政府の4者が連携し、経費縮減に向けてガバナンスを強化する」と指摘。バレーボール会場の見直しは「クリスマスまでに総合的な判断で最終結論を出したい」との考えを改めて示した。

(12月1日14時00分)

政治(12月1日)