国内外ニュース

稀勢の里、高安が7連勝で首位 1差に照ノ富士と栃煌山

 稀勢の里(左)が寄り切りで御嶽海を下す=エディオンアリーナ大阪  稀勢の里(左)が寄り切りで御嶽海を下す=エディオンアリーナ大阪
 大相撲春場所7日目(18日・エディオンアリーナ大阪)新横綱稀勢の里と関脇高安の田子ノ浦部屋勢が7連勝でトップに並んだ。稀勢の里は小結御嶽海を寄り切り、高安は蒼国来を突き出した。平幕の栃煌山は初黒星。

 他の2横綱は日馬富士が小結正代を寄り倒し、鶴竜は貴ノ岩をはたき込んでともに5勝目を挙げた。かど番の大関照ノ富士は豪風をつり出して1敗を守った。1場所での大関復帰を狙う関脇琴奨菊は5勝目。

 全勝の2人を、照ノ富士と栃煌山が追う。

(3月18日19時00分)

相撲(3月18日)