国内外ニュース

北京で日中友好の歌舞伎始まる 国交正常化45周年を記念

 日中国交正常化45周年を記念する「松竹大歌舞伎 北京公演」で演じる中村芝翫さん(手前右)=18日、北京(松竹提供・共同)  日中国交正常化45周年を記念する「松竹大歌舞伎 北京公演」で演じる中村芝翫さん(手前右)=18日、北京(松竹提供・共同)
 【北京共同】日中国交正常化45周年を記念する目玉行事「松竹大歌舞伎 北京公演」は18日、北京市内の劇場、北京天橋芸術中心で初日を迎えた。約900人の観客が日本の伝統芸能に大きな拍手と歓声を送り、日中友好ムードを盛り上げた。20日までに5回の公演が行われる。

 中国での本格的な歌舞伎公演は約10年ぶり。演目は「義経千本桜 鳥居前」「封印切」「藤娘」と古典歌舞伎の名作をそろえ、中村鴈治郎さんや中村芝翫さん、片岡孝太郎さんら豪華俳優陣が円熟味のある演技で観客を魅了した。

 芝翫さんが歌舞伎独特の力強い見えを切ると、会場からは何度も大きな拍手が起きた。

(3月18日19時15分)

文化・芸能(3月18日)