国内外ニュース

フィギュア本田2位、V2ならず 坂本3位、白岩が5位

 2位となった本田真凜のフリー演技=台北(共同)  2位となった本田真凜のフリー演技=台北(共同)
 【台北共同】フィギュアスケートの世界ジュニア選手権最終日は18日、台北で行われ、女子でショートプログラム(SP)2位の15歳、本田真凜(大阪・関大中)はフリー2位の133・26点を出し、合計201・61点で2位だった。フリー、合計ともに自己ベストを記録したが、日本勢初の2連覇はならなかった。

 坂本花織(神戸FSC)がSP、フリーともに3位の合計195・54点で3位に入り、白岩優奈(関大KFSC)が合計174・38点で5位。日本は上位2人の順位合計が条件の「13」以内となり、来季の出場枠も最大「3」となった。

 アリーナ・ザギトワ(ロシア)が初優勝。

(3月18日21時31分)

国際大会(3月18日)